勉強法

勉強中に食べたいおすすめのおやつ5選

勉強中小腹が空いて集中できないなあ...

そんなあなたに勉強中に食べるおすすめのおやつを紹介します。

勉強を無駄にしない3つの注意点【姿勢・健康・反芻】

続きを見る

 

勉強中におやつが食べたくなるのはなぜ...?!

勉強中に何か食べたいなとなる原因は様々ですが、主な原因は以下の2つが挙げられます。

  • 脳のエネルギー不足
  • 勉強自体や同じ姿勢によるストレス

つまり勉強中に何か食べたくなるのは自然なことなんですね。

食べまくっていきましょう笑(食べ過ぎは要注意です...)

 

勉強中におすすめできないおやつ

しかし以下の2つは摂りがちですが勉強中にオススメできません。

  1. 菓子パン
  2. エナジードリンク

菓子パンは血糖値を急激にあげやすく、結果として眠くなりやすいです。

そのため、間食だけでなくお昼ご飯にもあまりオススメできません。

 

エナジードリンクは"元気の前借り"です。

交感神経を活発化させることで胃酸が過剰に分泌され胃を荒らしてしまうケースもあります。常飲は避けましょう。

 

勉強中におすすめのおやつ

では早速おすすめの理由とともに紹介していきます。

1.チョコレート

おすすめの理由

  • チョコの香りには集中力を向上させる効果があります。これは香りに含まれる成分が神経伝達物質であるドーパミンを分泌させるためです。
  • また高カカオチョコレートは、糖分を含むものの血糖値を急激に上昇させない低GI食品です。適度に脳のエネルギーを補給でき、眠くなりにくいという効果が期待できます。

 

2.干し芋

おすすめの理由

  • 干し芋はしっかりと糖分がとれるものの低GI食品であり血糖値の急激な増減が少なく眠くなりにくいおやつです。
  • また食物繊維を多く含むので、腹持ちが良く、腸内環境を整えることで免疫力の向上やストレスによる影響を受けにくくなるなど良いことづくめです。

 

3.ガム

おすすめの理由

  • ガムを噛むことで集中力があがるという研究結果があります。また、そもそも噛むという行為は脳の海馬と呼ばれる記憶領域を活性化させるため、記憶力の向上にも一役をかってくれそうです。
  • また、キシリトールガムであれば歯の健康を保ってくれます。勉強のお供として長く付き合っていくならキシリトールガムがベターですね。

 

4.ドライフルーツ

おすすめの理由

  • ドライフルーツは果物の栄養をほぼそのまま保存期間を気にせず手軽に摂ることができます。
  • また、ドライフルーツはガム同様に咀嚼回数を必要とするので、集中力の向上も期待できそうですね。

 

5.ヨーグルト

おすすめの理由

  • ヨーグルトの整腸効果によって、腸内環境がよくなり、ストレスの影響を受けにくくなります。結果として勉強に集中できます。
  • また免疫力の向上も期待できることから、ここぞという時に風邪などで体調を崩してしまうというリスクを下げることができます。

 

勉強中にたべたいおやつまとめ

この記事の内容をざっくりまとめていきます。

  • 勉強中はおやつが食べたくなるもの
  • 菓子パンとエナドリは避けたい
  • 低GIを心がけて眠気を避ける
  • 咀嚼によって集中力を高める
  • 腸内環境を整えてストレスに強くなる

学生であっても社会人であっても勉強はつきものですよね。

 

自分に合った勉強スタイルを確立する上で、おやつなどの外部環境も重要な1つの要素です。

その瞬間を乗り切るためだけでなく、より長期的な"習慣化"という視点が大切です。

 

こちらもどうぞ!

【随時追加】勉強や作業が捗るオススメのアイテム&サービス10選

続きを見る

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

-勉強法

© 2021 ステキなブログ Powered by AFFINGER5