マネー

【徹底比較】一人暮らしはレトルトご飯一択?!炊飯器+冷凍とコスパを比較します。

レトルトご飯は高いと言われがちだけど本当にそうなのかな?

そんな周りの目が気になってレトルトごはんを買えないあなたのために、

効率大好き人間の私がレトルトごはんと炊飯器のごはんを徹底的に比較します。

レトルトごはんと合わせて食べたい、美味しいおかずは以下の記事で紹介しています。

nosh
冷凍宅配弁当nosh(ナッシュ)の味はおいしい。コスパも検証してみました。

続きを見る

炊飯器+冷凍が安いという通説...?

巷では炊飯器で一度に多めのごはんを炊き、

1食分ずつラップやタッパーなどに入れ冷凍して食べるのが安いというのが一般的な論調です。

 

今回本記事ではそんな通説が本当に正しいのかを検証していきます。

 

レトルトごはんについて

レトルトご飯は、サトウのごはんをはじめとしてコンビニなどでも売られているほどポピュラーなものですね。

 

賞味期限も長く、常温で保管でき、添加物が含まれていないものが大半ですので、栄養面の比較は今回考慮外とします。

比較の前提

コストパフォーマンスを比較する上で、不確定要素を排除すべく、

個人の好みが影響する味についても考慮外とします。

そのため、今回は、

  • 1食あたりにかかる費用
  • 1食あたりにかかる時間

この2点に絞って比較検討していきます。

賞味期限について

冷凍保存のごはんは、乾燥の影響等により賞味期限が長くても1ヶ月程度、レトルトごはんは半年程度ですが

通常はその期間内に消費できるものとし、考慮外としています。

 

実際に比較してみた

それでは実際に比較していきましょう。

レトルトご飯

  • 1食あたり約100円(約200g)
  • 1食あたり実働5秒(レンジに入れてスイッチを押す時間)

 

実働について

電子レンジで2分ほど温めに時間を要しますが、その時間を含めるとなると、比較対象の炊飯器の炊飯時間も含めることとなり、レトルトごはんが有利すぎるため、実働時間(実際に手を動かした時間)で比較します。

実働はほぼ0と言っても良いですね!!

 

炊飯器+冷凍

レトルトごはんと異なり要素が多いため整理します。

  1. 炊飯器の価格
  2. 米の価格
  3. 1食あたりの実働時間
炊飯器の価格

炊飯器の価格はピンキリなのでここでは1万円と仮定します。

炊飯器も含めるの?

炊飯器はご飯を炊くために買う必要があるものです。

またレトルト及び炊飯+冷凍両者ともに電子レンジを用いることからレトルトごはんに電子レンジの価格は含めていません。

そして、炊飯器の法定耐用年数は6年であるため、

毎日1食ごはんを必ず食べるものとして計算した場合、2,190食分1つの炊飯器から作られることとなります。

 

よって、10,000円 ÷ 2,190食 ≒ 4.6円

炊飯器の価格は1食あたり4.6円ほどかかります。

米の価格

米の価格は10kgあたり約4,000円。

炊く前のご飯は1合あたり約150gなので、10kgは67合ほどになります。

 

加えて、炊くことで水分を含むなどして1合あたり約350gほどになります。そのため、

10kg = 67合 × 350g = 23,450g = 4,000円

4,000円 / 23,450g × 200g ≒ 34円

つまり炊飯後は1食(200g)あたり約34円ほどとなります。

1食あたりの実働時間

1万円程度の通常の炊飯器であれば1度に5合ほど炊くことができます。

1度炊くごとにかかる作業を挙げていきます。

  • 米を測って炊飯器に入れる 1分
  • 米を研ぎ水を入れる 4分
  • ラップやタッパーに1食ずつに分ける(5合であれば概ね9つ) 10分
  • 炊飯器の釜を洗う 5分
  • 解凍した際に使った皿を洗う時間 x 9枚=5分

かなり手際が良くても、9食分あたり25分はかかりそうですね。

1食あたり2.8分かかる計算になります。

1食あたりの手間が2.8分かかる点がレトルトごはんと異なってきます。

 

また、家事も労働です。そこでここにかかった時間を東京都の最低賃金により参考値として計算していきます。

東京都の最低賃金は現在1,013円/Hですので、

2.8分にかかる費用は約47円となります。

やっと炊飯器+冷凍の検討材料が揃ったのでここでまとめていきましょう。

 

レトルトご飯と炊飯器+冷凍ご飯の比較結果!!

炊飯器+冷凍ご飯の1食あたりの費用

  • 炊飯器の価格1食あたり4.6円
  • 米自体の価格1食あたり34円
  • 1食あたりにかかる手間賃47円

1食あたりにかかる費用合計は約86円!!

レトルトごはんが1食あたり100円なので1食あたり14円ほど炊飯器+冷凍の方がコスパが良いと言えそうです。

私の想定とは異なり、通説通りの結果となってしまいました。

 

しかし私はこれぐらいの差であればめんどくささを避け、

レトルトごはんでしばらくは生活していこうと思います…(合理的とは)

 

普段レトルトごはんと一緒に食べているおかずはこちらの記事で紹介しています。

コンビニに飽きた方にオススメです!

nosh
冷凍宅配弁当nosh(ナッシュ)の味はおいしい。コスパも検証してみました。

続きを見る

レトルトご飯VS炊飯器+冷凍の比較まとめ

本記事の内容をざっくりとまとめていきます。

  • レトルトはめっちゃ便利
  • 炊飯器+冷凍の方がやはりコストは有利
  • 結局は好み(それを言ってはお終い...)

今更ですが、炊飯器があれば炊飯器を使った料理も作ることができ料理の幅が広がります

そのため、料理が趣味であったり好きな方はそもそもレトルトごはんを選ぶ理由はあまりないかもしれませんね。

 

一人暮らしを始めようと思っているあなた!料理に興味がないならば炊飯器を買わなくてもそこまでコストは変わらないですよ!

 

この記事が参考になれば幸いです。

-マネー

© 2021 ステキなブログ Powered by AFFINGER5